事故を防ぐためのに必要な標識や看板

安全はまず意識して確認することが非常に大事です。そうなのです、安全標識は安全を意識するための看板なのです。

この場所で、こうはならないだろうなといった楽観的な考えではなく、こうなるかもしれないという最悪のことが起きる予想をして、でき得る最善の対策をしておくことが重要です。こうはならないだろうなとは考えず、こうなることももしかしたらあるだろうなと、最悪のケースを考えておかないとなりません。

車両が通行するところには交差点がありますから、その付近に来たら交差点ありの注意喚起の標識が必要となってきます。またその交差点に歩行者が通ることがあるのでしたら、歩行者に注意という、文字か人型が描かれている標識が必要でしょう。また見通しの悪いカーブがある場所には、カーブ注意という注意を促す標識が必要ですし、そのカーブ具合がかなり急なものでしたら、カーブミラーも併設するといいとおもわれますし、スピードを落とせと命令形な標識もときには有効、また最高速度20kという具体的な数値を標識化したものも事故防止の観点から効果的なものになると考えます。

このように危険がすこしでも予想される箇所には、安全標識は必ず設置しておく必要があるのです。スタンド的な標識はこれらのものを簡単に設置することができます。また、運転者に安全な通行・運行をサポートするカーブミラーなどの視覚補助をするものも夜間・雨天時の際には有効であるとおもわれますから、場合によっては必ず設置するようにしてください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です